MENU

 本当は自分だって彼氏が欲しいという気持ちは、誰よりも強く持っていたと思います。
中学の時だって高校の時だって、彼氏のいる友達を見ると羨ましくてしかたがありませんでした。
あんなラブラブな雰囲気を自分も味わいたい、そんなことばかり考えていました。
中学でも高校でも、告白をされることは多くありました。
だから決して男性から嫌われていると言う訳ではないと思います。
だけど、自分は男性恐怖症の部分があるんです。
これは性格的な部分もあるのかもしれませんが、友達に言わせれば凄く女性的なんだというです。
だけど私としては怖がりなだけなんじゃないかと思っています。
中学と高校の時、乱暴な男性が多かったこともあって怖いという気持ちの方が強くなってしまったのでした。
もちろん怖くない男性もいましたけれど、怖い男性のおかげで何となく異性は危険だという印象を持ってしまったのかもしれません。
だから告白を受けても、受け入れることができなかったのです。
本当は私も恋人を作ってラブラブなデートを楽しみたい、キスもされたいなんて思っていました。
するとセックスに対しての恐怖心、やはり初めは痛いというのがとても怖く感じてしまったのかもしれません。
こういうこともあって男の人と近づくのはちょっとって思ってしまっていました。
しかしその反面恋人は欲しいと言う気持ちもあったのです。
大学生になったら恋人を作ってデートを楽しむ、そんな希望だってもちろん持っていました。

だけど、やはり男性恐怖症というのは簡単に消え失せる事がありません。
だから、キャンパスでも告白はされたものの、付き合うことはありませんでした。
このままじゃずっと1人の状態が続いちゃうし、危機感を感じるようにもなってしまっていました。
だけど男の人が怖いという気持ちを消すこともできなかったので、どうすることもできない状態を続けてしまっていたのです。

 

定番サイト登録無料
キスフレ募集サイトBEST5
キスフレ募集の経験者から学んだ優良サイト